自己処理の危険性【カミソリ】

『自己処理の危険性【カミソリ】』

最もお手軽なムダ毛の処理方法でしょう。が、案外にトラブルも多いようです。

というのは、いくらていねいにやってもお肌を傷つけています。

「手元が滑って、切ってしまった」なんてこともやりがちでしょう。特にワキの下などは、皮膚の表面もかなり複雑な形をしています。うまく滑らせることは難しいでしょう。こういった場合は、一サイズ刃が小さいものを使うことで、うまく行くようになることがあります。

また、いくらうまくやっても避けられないのが、角質層へのダメージです。皮膚は何層もの構造になっていて、一番外で保護バリアの機能を果たしているのが、この角質層です。

ムダ毛をカットしているつもりが、角質層まで削りとっているのです。特に、深ぞりを狙えば狙うほどそうなるでしょう。

そった跡に保湿のためにローションなどを塗ると、ひりひりすることはありませんか。それこそが角質層が傷ついている証拠です。

これを避けるには、せっけんなどで済ませずに、専用のシェービングクリームなどを使うことです。が、これでも「いくらかはマシになる」といった程度です。

角質層が傷つくことで引きこされるトラブルとしては、まずはお肌の荒れ。ワキの下は汗をかきやすく、雑菌も簡単に繁殖してしまいます。それが皮膚に入り込むのですから、いいわけがありません。

また、刺激に対してお肌の方が敏感に反応します。これでメラニン色素が増えてしまうことがあります。つまり黒ずみです。これではせっかくきれいに見せるためにムダ毛を処理したのに、汚らしく見えてしまいます。

Copyright (c) 2014 脱毛ラボですべすべ肌 All rights reserved.