自己処理の危険性【除毛クリーム】

『自己処理の危険性【除毛クリーム】』

抑毛ローションと間違えられやすいものに、脱毛クリーム(除毛クリーム)があります。

脱毛クリームの場合、アルカリ性になるように成分が配合されています。ムダ毛の成分であるたんぱく質がアルカリに反応して溶け、毛穴からするっと抜けるようになっています。

が、たんぱく質でできているのは、お肌も同じです。

一応は、脱毛クリームの方は、お肌の中にまでは浸透しないような工夫がされてはいます。が、全く影響がないところまでは無理なようです。

ですから、脱毛クリームを使った時はしっかりと洗い流さなければなりません。

この脱毛クリームは肌質さえ合えば、毛抜きやカミソリよりもダメージが少なくて済むようです。また、カミソリに比べ、より根本に近いところまでムダ毛がなくなりますから、処理の間隔も長くできるようです。

が、もともとアレルギーなどがあるような人、肌質が弱い人には全くおすすめできません。また、お肌をゴシゴシ洗った後に使うのもNGです。ダイレクトにお肌に響いてしまいます。

お肌に塗ったままにする時間も説明書きの時間を厳守しましょう。

トラブルとしては、かゆみ、肌荒れ、かぶれなどが考えられます。人によっては、ヒリヒリと痛んでそのまま病院へ直行、といったこともあるようです。

初めてその商品を使うのならば、いきなりワキに使うのではなく、腕などのお肌の強いところで、狭い範囲だけ塗って試したほうがいいでしょう。これで少しでも不安を覚えるようならば、使用はあきらめましょう。ワキの下のお肌は意外に繊細です。

Copyright (c) 2014 脱毛ラボですべすべ肌 All rights reserved.